主観的独学的一年合格

令和3年予備合格、令和4年司法試験合格を目指してます。

論文式試験の予想成績・答案構成・感想

はじめに

 試験終了後に答案構成を書いたものの、そのままになっていたのでそろそろ掲載します。本当は全部再現答案を書きたかったけれど、元気がなかったです。

目次

第1 予想成績

第2 答案構成(基本7法のみ)

第3 感想

 

第1 予想成績

 憲法:A~C

 行政法:B〜D

 民法:A~C

 会社法:B~C

 民訴法:E~F

 刑法:A~B

 刑訴法:A~B

 民事実務:C~D

 刑事実務:B~C

 教養:A~D

 

 あんまり厳しく評価しすぎてもテンション下がるだけなので、甘めにつけています。添削してもらったのは、伊藤塾の全国模試で1度だけなので評価の仕方はよくわかっていないです。

 

 

第2 答案構成

1 憲法

(1)広告物と営利的表現の自由

   ア 保障の有無、程度:知る権利に資する、自己実現自己統治の価値なし

   イ 制約の態様、強度:広告物規制は政府による濫用おそれ少ない、内容中立

   ウ 基準:中間審査

   エ あてはめ:OK

(2)ビラ配りの自由と表現の自由

   ア 保障の有無、程度:自己実現自己統治の価値あり、道路はPF、ビラ配りは重要な表現手段

   イ 規制の態様、強度

   ウ 基準:厳格→最小限度

   エ 当てはめ:NG←

(3)罰則と明確性の原則

   ア 意義、基準:表現の自由萎縮防ぐ、刑法の自由保障機能の観点から一般人を基準として読み取れるか

   イ 当てはめ:OK

2 行政法

 設問1(1)附款の意義(2)判決の効力:附款と許可処分を一緒に対象とするかで許可が消えるかかわる→本問では附款のみすべき

   (3)

 設問2 (1)公的見解と信義則:本件公的見解該当性なし→適法

     (2)附款と裁量の限界(根拠条文と問題提起のみでタイムアップ)

 

3 民法

設問1 (1)別個の契約の解除可否:①契約達成目的不能と連動、②相手もそのことご存知ならOK

設問2 (1)集合物譲渡担保契約の効力:地理的空間と種類特定されていれば1物1権主義に反しないため公序良俗無効とならない(物権秩序と迅速な取引要請との調和から)

  (2)搬入物に効力及ぶか:YES←集合物としての同一性保っていれば構成物変わっても譲渡担保の対象となる

 

4 会社法

設問1 (1)表見代取:Aの承認を会社の許諾とみなせるか

    (2)不実の登記:作出に帰責ある

 

設問2  (1)不当利得での請求の可否

     (2)選任と報酬決定の株主総会あるか←YES(1人全員株主)

     (3)退職金の具体的金額決めなくても有効か←YES(算定方法の決定と周知があればお手盛り防止可能)

 

5 民訴法

設問1 (1)実体的管理権が同一に帰属するか否か

    (2)権利主張参加:請求が矛盾関係にあるか

設問2 (1)Yに既判力及ばない

    (2)Aには参加的効力及ぶ

    (3)既判力≠参加的効力:趣旨、効力の範囲

    (4)参加的効力を代位者は受けない←制度の違い

 

6 刑法

乙の罪責:殺人罪

    (1)同意の有無→なし

甲の罪責:

 (1)住居侵入罪

 (2)窃盗罪

    ア構成要件:「財物」OK←納税額の多寡に影響する情報が化体

          「他人の」OK←保護法益に占有含む

    イ違法性:自救行為阻却なし←住居侵入伴うため、社会的相当性なし

 (3)自己所有建造物以外放火

    ア「えんそん」独立燃焼

    イ「公共の危険」アリ←対象建造物に限らず、生命・身体・財物に及ぶし、手段も火力に限らない。保護法益より 

    ウ公共の危険認識不要←結果的加重犯的文言

 (4)不作為の殺人幇助

    ア構成要件の選択、該当性

      a遺棄罪と殺人の区別:殺意の有無

      b正犯と共犯の区別:正犯性、重要な役割

      c不作為の実行行為性:作為義務うんぬん

      d片面的幇助の可否:OK←処罰根拠

    イ抽象的事実の錯誤によって同意殺人へ:故意責任の意義から構成要件重なっていれば規範直面。殺人と同意殺人は後者の限度で直面

 (5)罪数:住居侵入罪と窃盗が牽連、その他と併合

 

7 刑訴

設問1 (1)各号該当生→OK

    (2)犯罪と犯人の明白性、時間場所的近接性→OK

設問2 (1)接見指定の可否→OK(顕著な支障あり)

    (2)接見指定の適否→NO(初回接見につき即時近接認めるべき)

 

 

 

第3 感想

1 憲法

 表現の自由については書くべき点はなんとなくわかるが、論証の流れがよくわからなかった。

2 行政法

  実体法上の違法の主張について、信義則違反をかけたのはいいが、裁量違反部分を途中答案にしてしまったのが痛い。

3 民法

  問題見たときはむずって思ったが、他の人の答案見てみると意外と自分は相対的に書けている気がしてきた。いまだに譲渡担保の法的構成は問題にならないと思っているが、その点を論じている人が多数のようなので心配。

4 会社法

  なんとなく論点はわかったが、事実の拾い方が難しかった。

5 民訴法

 設問1も設問2もほとんど見たことなかったです。どうやら平成25年の予備と似通っていいたようですが、私が取り組んだ重問、H27以降の予備には惜しくもなかったです。一番似てる問題から解答引っ張ってきましたが、いろいろ違いますね。

6 刑法

 一番自信あり。論点漏らさず、規範あてはめも綺麗にできたきがする。

7 刑訴法

 有名論点だったので、普通にかけた気もするが、それゆえ書き方次第で相対的に沈んでしまうかも。

 

予備論文を終えて

 

f:id:nausicaa0126:20210711235056j:plain

予備短答成績

 論文試験がとうとう終わりました。疲れて帰ってくると司法試験委員会から1通の封筒が届いていました。もしかして論文合格通知?んなアホなと脳内でボケとツッコミをいれつつ冷静になって考えてみると、この時期に届くということは何か不穏なことだろうか。もしかして短答やっぱり落ちてましたみたいな通知だったらどうしようと思いながら開けてみると点数間違えていたので再送付しますとのこと。商法と民訴が入れ替わっていたみたいです。

 

1 論文の感想

 1日目については行政法で途中答案になったのは痛かったが、その後は時間を調節しつつなんとか書ききりました。2日目は実務はまあまあでしたが、民事系が難しかったです。答案の分量としては、公法と民事が2ページ前後。その他は3ページから4ページといった感じです。

 この2日間の目標は、①睡眠をしっかりとって、万全な体調で試験を受けること、②遅刻せず受験すること、③事故に遭わず無事に帰宅することでした。いずれも達成できて満足です。目標は行動レベルで立てるようにしているのですが、やはり出来も気になってしまいます。

 答案の内容としては正直あまり自信はないです。あまり見たことのない(ように見える)問題が特に民事系で多かったように思えました。民訴の第1問で共同訴訟参加の要件に関する記述を求められましたが、こんな問題初めて見ました。重問で何度もでてきてた固有必要的共同訴訟の規範を貼りましたが、やはり違うんでしょうね。しょんぼり。

 まあでもすぎたことを考えても仕方ないですね。全力で準備して、全力で臨めたのだからこれ以上望むことはないです。(嘘です。合格しててください)

 

2 論文試験までやったこと

 基本的に重問を繰り返し解いていました。具体的な方法は①5問とく(科目、分野ばらばら)→②5問答え合わせ(直前のではなくその前に解いたもの)→③5問とく→5問答え合わせ(①で解いたものを)みたいな感じです。解くのは基本的に頭の中で答案構成を3分程度でしました。この2ヶ月弱で解いた量は重問1周半です(約700問くらい)。

 あとは近6年の予備の問題を解きました(2周)。重問と同じ方法ですが、教材はlecのA答案を収録したものです。

 

 この2ヶ月で気をつけたことは勉強の方法というより、勉強のモチベや体調です。正直短答前の2ヶ月は睡眠障害と無気力症候群に悩まされ、勉強の質も量も確保できていませんでした。そして勉強の進捗としても過去問3周を予定したのに、1周しかできず落ちてしまったなと後悔の念で試験に臨みました。その反省を生かし、文献や動画でモチベや体調を改善する方法を漁りまくり、結果最高の体調とモチベ維持をしながら論文に望むことができました。具体的な方法はテストステロン値やドーパミン分泌量、メラトニンの量を調節する方法です(日光浴などして)。

 

3 今後について

 仮面ロースクール生活をこの3ヶ月あまり続けてきました。授業も週に4回出るのみで他は全て休むし、出る授業も直前二週間は欠席してました。予定では論文で合格は堅いだろうという答案を揃え、合格発表をまたずして後期から休学をして司法試験対策に励もうと思っていました。

 ただ論文の手応え的に合格の自信はそこまで持てないので、ロー生活を続けるべきという結論に達しそうです。その場合後期から挽回して進級に足りる成績と単位を得られるか計算しなきゃです。ああめんどくさい。

 

 思うがままにできるなら、10月の宅建資格取得に向けて勉強して、10月の論文落ちてたらその資格あるいは トイックの成績を活かしてどこか再就職しようかと思っていました。ただ生活費や授業料を出していただいている親の思いを無下にもできないので悩ましいところです。

 

 なにはともあれ無事に試験終えられたことに感謝してます。これからも日々感謝を忘れず精進できれば必要十分です。

 

 

 お読みいただきありがとうございました。

予備短答成績

f:id:nausicaa0126:20210517173440p:plain

伊藤塾自動採点

 お久しぶりです。昨日受験した予備短答の自己採点結果がでたのでおしらせします。画像の通り、今のところ自己採点では合格点を超えています。初めて良い報告ができて嬉しいです。

 

◆受験までの1ヶ月

 辰巳の過去問パーフェクトにメインで取り組んでいました。進捗は、結局この1年で1周半くらいでしょうか。3周くらいはするつもりでしたが、問題数の多さに対応が少し遅れました。

 受験三週間前にうけた伊藤塾の直前模試では、全科目で120点ほどしかとれず、ひどくショックを受けました。本試験との差が大きい理由は、自宅受験のため悩む問題をなおざりに解いていったことが大きいでしょうか。 

 全国トップの人でも、確実な知識に基づいて解けるのは全体の5割で、4割は他の選択肢との比較や法的なセンスを活かす+運であり、残り1割は正答できないといいます。本試験で時間目一杯悩んだことで、この4割分の獲得率が大きくなったと分析しています。三週間ではそれほど知識が増えたとは考えにくいですので。

 

◆今後に向けて

 6月の合格発表まで実際の合否は不明ですが、論文試験まで2ヶ月しかありませんので、早速論文対策に力を入れて行きます。

 メイン教材は、アガルートの重問です。短答に比べて論文試験にはなぜか得意意識を持っているので、それほど焦ってはいません。

 しかし、短答合格した人たちの中から上位2割しか合格しないとなると厳しい戦いになるのは間違いないでしょう。私はほとんど法律文書を書いたことがないので、添削をどのようにしていく(してもらう)かを考えなければなりません。

 

◆さいごに

 試験の合間に感じていたのは、支えてくれる周囲の人やこの歳になっても夢に向かって挑戦できることへの感謝でした。試験を受ける中で、昨年より解けることはもちろん嬉しかったですが、何より自分の考え方が成長したなと思えたことが嬉しかったです。

 引き続き、周囲や自分の環境への感謝を忘れず、精進していきます。

 

 

◆追記(5/26)

自動採点での結果が、167点に下がっていました。また、例年の短答合格点をみると、6年前の170点をピークに、それ以降は160点前後を推移しています。

 伊藤塾の自動採点参加者の平均点は、今年は142点、去年は141点であることから、合格点は去年の157点とそう変わらないのではと推測。

 やや不安ではありますが、合格を信じ論文対策を継続します。

 

4/9 デイリー更新

◆はじめに

毎日書くという制約を外し、徒然なるままに書き連ねようかと思います。

今日は気分がよかったので勉強内容について

 

◆今日の授業復習(白紙再生)※不正確かつ雑であると思います。

1刑訴法

警職法と刑訴法の切り分け:後者は捜査について適用される。つまり特定の犯罪が思科され、犯人と証拠の発見及び刑事訴追を目的としている一方で、前者は犯罪の予防を目的とする。警察官の職務のうち、行政警察活動が前者で、司法警察活動が後者。

・検問の適法性→警察法説VS根拠法なし説:前者は組織法であり、国民の権利利益を侵害する際の根拠となり得ない点、及び自動車運転手に課される義務からすると検問では権利侵害はないため根拠法なし説が妥当(自説)

・囮捜査の適法性:囮捜査の意義は捜査機関が身分を秘して、犯人に実行を働きかけ、相手が実行に移した段階で現行犯逮捕すること。判例は、①他の捜査方法がとりえなかったこと、②もともと犯意ありのものに機械提供したに過ぎないとして、任意捜査としても相当とした。

 

 

2刑法

・因果関係の意義:偶然の結果を排除して、適正な処罰範囲に限定する←何を

・相当因果関係説と危険の現実化説のちがい:前者(ここでは客観説を指すものとする)は、行為時の全事情及び、行為者が特に認識できた行為後の事情を判断基底とする。一方後者は、行為時・行為後のすべての事情を判断規定とする。因果関係の有無の判定方法について→前者は、行為と結果の結びつきが相当か否か。後者は実行行為の危険性が現実化したか否か(←同義反復かなー。)主な違いは、行為後の介在事情の寄与度を考慮できるか否か。

・因果関係の種類:事実的因果関係=条件関係は自然的なつながり。法的因果関係は、刑法上どの結果を帰責させるのが妥当という観点から判断されるもの。

・致死量50%の毒薬を二人が別々にのまして死亡したケース:条件関係あり。なぜならその一人の行為を取り除くと結果が発生しなかったであろうから。

・致死量100%:(1)死期を早めた時は肯定。(2)変わらなければ判断分かれる。(←なぜ死期を早めると肯定?その行為なければ死ななかったといえるのか。。。)(2)のとき否定説には、50%の時と不均衡という批判あり。

・仮定的条件関係?:条件関係には仮定を付け加えられない。(←なんで)死刑執行官からボタン奪って押した時、仮にその行為なくても死んだはずと考えるのはダメ。よってその時は条件関係ありとなる。(→致死量100のときとの違いは)

・危険の現実化説の類型:1介在なし、2介在あり。2(1)介在寄与小さい。2(2)介在寄与大きい。

 1の時は、行為後の事情がないため、行為時の事情を判断規定にいれる→相当因果説と同じ。2(1)は原則因果肯定。2(2)は原則否定するが、例外として実行行為からその介在事情が起こる異常性が小さい時は、実行行為自体に間接的に危険が内包されていたとして、肯定する。2(2)の例が、トランクに監禁中に追突された事件。1の例は切りつけた相手が血友病を持っていた事件。2(1)の例が、なぐって放置した後、別人が殴っていく分が死期を早めた事件。

 

◆白紙再生の感想

・良い点:理解しているところとそうでないところが明確化。頭の中でやるより詳細を詰められる。

・改善点:授業で3H2科目。それに加えて同じ科目の復習を当日やるのはよくない。分散学習と、想起の望ましい困難を考えると、翌日に復習した方が。

 

◆今日の感想。

勉強以外のやりたいことはたくさんできた。高強度の運動や、瞑想、楽器演奏など健康維持、ワーキングメモリアップに欠かせないことはできている。(それぞれ1hずつくらい)その一方で勉強のやる気がでない。

 授業中は集中して取り組めるものの、その他の独習が1hやるともう燃料切れになる。結果今週は授業含めて勉強時間4h弱が続いている。短答1か月前で、短答対策が進まないのは問題だ。どうしよう。

 授業にまだ慣れてないせいかな。うーん、わからん。

4/8 デイリー更新

◆言い訳

先日ブログを再開して、毎日書く宣言したにも関わらず、更新できていませんでした。以下、言い訳をします。

 ①あまりに授業の内容を詳細に書きすぎた。

 ②体調崩してた。

 ③体裁にこだわっていた。

 ①については、ロースクールの授業内容をこんなに詳しく書いて、しかも批判ばっかりだとどっかから怒られそうだと思い、下書きを投稿するのを悩んでるうちに日がすぎてしまいました。

 ②については、風邪を引いたのか体がだるかったです。またメンタルも少し不安定でした。メンタルについて後述します。

 ③については、下書きにて色々コンテンツを設けようとしすぎたあまり、自分の首を閉めてしまいました。勉強内容の復習や、1日の感想、授業内容、等々。いきなり完璧な型を目指すのではなく、更新しながら型を探していこうかと思います。

 

◆メンタル

PCで勉強するのはやはりあまり好きではないので、以前と同じようにまずは筆記開示の要領で書きなぐるコーナーを設けようかと思います。

 昨日から気分が少し落ち込んでいました。私は、普段TVやSNSは全く見ない生活をしているのですが、Youtubeだけは見ています。そのyoutubeで批判的なコメントをした際に、私に対して批判的なコメントがきたことに動揺してしまったのです。

 内容としては中傷とまではいかず、「何様のつもりw」レベルの煽りコメントが2通きただけでなぜか傷ついてしまいました。私としては、その動画を貶めるつもりはなく、よりよい方向性に行ったらいいなと思いコメントしたのですが、どうやらファンの人から反感を買ったようでした。

 対処としては、以前から記録をつけているストレス日記に思いを綴ったり、瞑想をしたりして気持ちを鎮めるとともに、自分の書き方が悪かったかなとか、いろんな人がいるよなとか多面的に考えるトレーニングをしました。

 今現在はだいぶ落ち着いています。

 

◆いまの気持ち・悩み

 上記のような他愛のない出来事がなくとも、なぜか今週やる気がでないです。一番の要因としては、授業が始まったことによって知らぬうちにストレスを受けて、疲れが溜まっているということが挙げられます。また、事前準備をせず、授業中に並行して予習や復習をしているので、マルチタスクによって脳が疲れているのかもしれません。マルチタスクの危険性は重々に承知していますので、これからはどの作業とどの作業なら互いに干渉せずにこなせるか(たとえば①先生の話を聴く、②要点をまとめてノートをとるという2つは干渉があまり起きず、マルチタスクとは言えないかと思います。)を検証していきます。

 他には睡眠不足も大きく関係していると思います。就寝時間が入学前とあまり変わらず2時くらいになることもあり、1限の授業があるとかなり眠いまま1日を過ごすことになっています。昼寝は欠かさず取っていますが、それでもやはり夜眠れてないことによる損失は大きいです。

 

◆なぜ眠れないか。

 不眠にはずっと悩まされています。対策は色々講じており、例えば①夜風呂に入る。②寝る前スマホやPCいじらない、③日中に日光を浴びる等のことはしています。

 最近の不眠は、寝る前に本を読み始めると興奮してそのまま1冊読みつづけてしまう結果、深夜遅くになっているというパターンが多いです。

 今日はとりあえず、グリシンやGABAのサプリ飲んだ後、小説でなく、ビジネス書を読んでみようと思います。

記事再開と今後の展望

◆はじめに

半年くらい経ったでしょうか。短答試験に落ちてから、更新ができていませんでしたが、新年度を迎え、今年の短答1ヶ月半前ということで再び自分と向き合い、また学習に活かすために再開することにしました。

◆何をしていたか

短答不合格後は実家に戻り、論文対策をしていました。もともと短答試験までにそれぞれの基本書をまだ2割ほど、論文過去問はほとんどできていなかったので、過去問と基本書にひたすら取り組んでいました。

◆進路

レベルの高い東大ロースクールにいきたいと思ってましたが、GPAが1.8しかなく、足切りにかかることが確実だったので、関西のロースクールを受けました。なんとか合格したので4月より入学しましたが、予備試験に合格するつもりなので1年で中退予定です。

◆勉強法

勉強時間は3−5時間です。短いように思えるかもしれませんが、科学者や心理学者がこれが基本的に人間が集中できる最大の時間だと言っていたこと、またイチローパールマンといった一流のスポーツ選手や音楽家が、多すぎる練習はむしろ弊害だと言っていたことから採用しました。残りの時間は司法の犬さんがご紹介されていた勉強法の本や、話題の脳科学の本を読んだり、法律に関するドラマや小説を読んでいました。

◆今後

これからは毎日ブログを更新しようと思っています。目的はメタ認知能力と、学習の想起・理解のためです。自分が何をどれだけ学習したかについては手帳に全てメモしていますが、その評価の時間があまり取れていなかったので、自身の勉強方法や生活習慣に関する評価をメタ認知を鍛えるために記載します。また当日や1日前、一週間前とうに学習した内容をとにかく人に説明するように記載します。内容はひどく不正確かつ雑な構成になるかと思いますが、アウトプットする時間、想起する時間をあまり取れていなかったので、その時間に充てたいと思います。

 

 

予備試験短答2020 自己採点

f:id:nausicaa0126:20200817180706p:plain

不合格でした。

模試の結果からして、予想はしてしまっていたが、やはりこうなってしまった。

以下、反省点。

・取り組むのが非常に遅かった。

 予備試験を受けようと思ったのは昨年の3月ごろだったか。会社で働きながら辰巳の講座を受け、勉強するという二足の草鞋を履こうと思いつき、実行したが。結果は会社があまりに忙しくて勉強に取り組む時間が取れなかった。次第に来年受かるという気概を無くし、目標も決めず、隙間時間にだらだら勉強するようになった。

 これではいつまで経っても合格できないと思い、6月の半ばに自分でも電撃的に退社願いを申し出た。最終出社日は7月の半ばであった。

 1ヶ月真剣に勉強すれば受かるだろうと思っていたが、これがチョコチップフラペチーノより甘い考えだった。

・計画性がなかったこと

 退社も無計画に決めたこともこれに含まれるが、一番は過去問の進め方を決めなかったことだ。7月に入ってから過去問を始めたが、1日に進められる量は20〜50問ほどであった。本来なら過去問はもっと早くから取り組むべきであったし、7月に入ってから取り組むにしても、これでは試験当日までに1周もできないことに対してより危機感を持つべきであった。

 危機感を持ったのは、試験から2週間前のレックの模試を受けた時だ。知識が曖昧であるとか以前に、知らない用語がたくさん出てくることに恐ろしく危機感を覚え、過去問の解き方を大きく変えたのだ。

 それからはとにかく解いてない分野を無くそうと、1分野につき1問とき、それぞれについて基本書を読みながら知識を深めるというやり方をとった。これはそれなりに功を奏したと思う。模試での100点から、本番では40点上げることができたからである。しかし不合格には変わりない。

 

 

 

 取り組むのが非常に遅かったこと、計画性がなかったこと、この二つに加えてもう一つ後悔がある。それはこの1週間諦めモードに入ってしまったことだ。

 勉強は変わらず続けていた。しかし未修の範囲が多過ぎてこれは無理だと思ってしまったのだ。例え取り組むのが遅かったとしても、計画通りに進められなかったとしても、「絶対に今年受かるのだ」という気持ちだけは保持していたかった。

 簡単に不合格になるには、あまりに多くの支えと応援があったのだから。

 

 

 後悔先に立たず。これからどうして行くのかが問題だ。上述したことをただの言い訳とするか、成長に資する省察とするかは自分次第である。

 プランBは必ず成功させたい。11月に行われる東京大学法科大学院の入試に合格し、入学。在学1年目に予備試験最終合格。在学2年目に司法試験合格し、同年卒業。

 絵空事のように思われるかもしれないが、これは何としても叶えたい夢である。幸運みも母親の協力あって、勉強に集中できる環境は用意できている。あとは自分次第だ。

 私が尊敬してやまない司法の犬さんのように順風満帆には行っていないかもしれない。しかし他の方と比べても仕方ない。不合格にはなってしまったが、成長できている実感はある。2ヶ月前には20−40パーセントしか得点できなかった試験で、5割を超えたことは悪くない成長スピードではないか。これからさらに成長できる自信もある。

 

 大丈夫。諦めなければどんな夢だった叶うのだ。そう信じてる。